カプリチョーザ公式サイト

創業ストーリー

カプリチョ-ザ創業者 本多征昭

1962年、イタリアに魅せられ、単身、海を渡ったカプリチョ-ザ創業者、本多征昭。
憧れの地、イタリアに渡った彼はイタリア国立エナルクホテル学校に入学し、研鑽を重ね1967年最優秀卒業生として卒業。
当時、日本人のコックがほとんどいない状況の中、料理にかける情熱と絶え間ない努力で、ヨーロッパの数々のコンテストで入賞します。
その功績がイタリア政府に認められ、1970年3月、日本で初めて開催された万国博覧会(大阪万博)のイタリア館シェフを勤め、帰国後にはその実力を余すところなく発揮し、数々のイタリア料理店を手掛けます。

カプリチョ-ザ創業者 本多征昭
カプリチョ-ザ本店 渋谷

そして1978年、34歳の春、渋谷の外れに6坪のイタリアレストランを開店。
この小さな店こそが「カプリチョ-ザ」の始まりです。「本場の技術」「本物の味」をお手頃の価格でボリュームたっぷりで提供するそのスタイルは話題を呼び店内はいつもお客様で賑わい、カプリチョ-ザはたちまち行列の出来る店となります。

「お客様の喜ぶ顔が見たい」その一心で毎日調理場に立ち続けた彼は、病に倒れ1988年7月に 44歳という若さでこの世を去りました。

一人でも多くの人の「美味しい」を聞くため、
味にこだわり続けた料理人、本多征昭。
彼のレシピを受け継ぎ、今もその味は生き続けています。私達はその情熱を忘れることなく、これからも新しい美味しさを提案していきます。

カプリチョ-ザ創業者 本多征昭